知っていそうで実は知らないブーケについて、その由来や種類を見てみましょう。

海外ブライダルの立役者!ブーケの由来とその種類

ブライダルブーケとその歴史

それぞれの花の持つ意味

ブライダルシーンで定番の花と言うと、やはりバラ。色やかたちにもバラエティがあり、世界中で長い間愛されている花のひとつでもあります。
赤は「愛情」、白は「純潔」、紫は「気品」など色によって、花言葉も異なるのがおもしろいですよね。
そして、何と言っても白い花が重宝されるブライダルシーンには、カサブランカやカラーなどの大ぶりな白い花もかかせません。
カサブランカが持つ意味は、「純潔」「雄大な愛」、そしてカラーが持つ意味は、「清浄」「乙女のしとやかさ」などがあげられます。
また、トルコキキョウの「希望」「優美」や、ガーベラの「前向き」、アイビーの「永遠の愛」「誠実」なども、これから長い時間をともにする2人にぴったりの花ではないでしょうか。

サムシングブルーに花を取り入れても

欧米で古くから伝わるサムシングフォーをご存知でしょうか?
結婚式の日に、「何か新しいもの」「何か借りたもの」「何か古いもの」「何か青いもの」の「何か(サムシング)」を「4つ(フォー)」取り入れることで、永遠の幸せが続くという、素敵な言い伝えです。
このサムシングブルーによく取り入れられるのが、ブーケの青い花たち。
可愛く可憐な青い花の中には、結婚式にぴったりな花言葉を持つものも多くあります。
定番人気のブルースターは、「信じあう心」「幸福な愛」が花言葉で、青いバラは、「神の祝福」、あじさいは「家族の結びつき」など、2人の甘い将来を約束してくれるようなものがたくさんありますので、ぜひ選択肢のひとつに入れていただきたいです。


この記事をシェアする