知っていそうで実は知らないブーケについて、その由来や種類を見てみましょう。

海外ブライダルの立役者!ブーケの由来とその種類

ブライダルブーケとその歴史

ブライダルシーンで使われる花には、それぞれ意味があることをご存知ですか? 海外ウェディングの場合は、その地域にもよって微妙に意味合いが異なってくる場合もあります。 人気の花から定番の花まで、そして自分の好きな花の意味も気になりますよね。 それぞれの花の持つメッセージを見てみましょう。

ブーケの花が持つ意味

今や、海外ブライダルでも国内ブライダルでも、演出上なくてはならないと言えるほどポピュラーになったウエディングブーケ。
ウェディングブーケの他にブライダルブーケという呼び名もありますが、どちらもすっかり定着しましたよね。
ブーケという言葉、もとは「花束」という意味のフランス語「bouquet」だとご存知でしたか?
日本でブーケというと、単に花束というだけではなく、やはり結婚式で花嫁が持つウェディングブーケを想像する方が多いのではないでしょうか。
諸説あるウエディングブーケの起源ですが、ウェディングブーケが誕生したのは、19世紀後半と言われています。
19世紀当時の結婚式には、現在のようなウェディングブーケではなく、花の冠を使うことが主流だったようです。
またこの花冠には、花嫁の象徴とも言える純潔をあらわす白い花と、子宝に恵まれる意味を持つオレンジ色の花が好まれていたとのこと。
男性が婚約者に毎日花を贈るということが習慣となり、いつの頃からか、結婚の朝に花束を贈るという行為につながり、現在のブライダルブーケの始まりとなったと言われています。
そして、中世ヨーロッパから伝わり、現在もウェディングシーンで登場する「ブーケセレモニー」の起源も、ブライダルブーケの歴史に大きな関わりがあります。
求婚者が自ら摘んだ野花の花束とともにプロポーズし、女性が「YES」の返事として、花束の中の一輪を男性の胸ポケットに挿し返す、これは現代の結婚式でも、ブーケセレモニーとなり取り入れられていますが、当時のある恋人たちのロマンスから始まったのが起源と言われているようです。
現在のブーケセレモニーは、花婿の胸元を飾るブートニアとともに、ウェディングブーケを語る中でも大切なものとなっています。

ブーケを投げる意味は?

結婚式でイメージするのは、やっぱり空に舞ったウェディングブーケではないでしょうか? 映画やドラマなどのロマンティックなシーンにも、必ずと言っていいほどありますよね。 そんな憧れのワンシーンでもあるブーケトス。ブーケトスに込められた意味を見てみましょう。

ウエディングスタイルによってブーケの種類もたくさん

ウェディングブーケの種類は本当に様々。 少しカジュアルな雰囲気の中で行われることが多い海外ウェディングは、ブーケの選び方も人それぞれ。 せっかくの海外ウェディング。 ちょっと遊び心を持った素敵な式にするためにも、ぜひ欧米の「ラフさ」「こなれたシンプルさ」を取り入れてみては?